ストレスマネジメント講座⑫ 腹式呼吸法

私が普段の診療で最も高頻度に指導しているストレスマネジメント法は深呼吸ですが、 その深呼吸を行う上で忘れてはならないコツが、御存知「腹式呼吸法」です。 しかし腹式呼吸という言葉は聞いたことがあれど、実際にはどうやって行え … 続きを読むストレスマネジメント講座⑫ 腹式呼吸法

ストレスマネジメント講座⑪ 自律訓練法

一般にストレスがかかると自律神経のうちの交感神経が活性化され、交感神経優位の状態となります。 自律神経というのはアクセルの交感神経とブレーキの副交感神経のバランスがとれていてはじめて正しく機能することができますので、 ス … 続きを読むストレスマネジメント講座⑪ 自律訓練法

いつ誰に見られていたとしても

これは厳密にはメリットになるのか、デメリットになるのかよくわからないのですけれど、 オンライン診療では患者の隣にこっそり第三者がいても医者がその存在に気付かない状況を作ることが可能となります。 例えば、精神的な問題のある … 続きを読むいつ誰に見られていたとしても

触れられないというデメリット

私はこれからオンライン診療専門のクリニックを立ち上げようという立場にいますので、 どうしてもオンライン診療のメリットばかりを考えがちになりますが、 オンライン診療のデメリットの把握に対して甘くなってしまう側面があるかもし … 続きを読む触れられないというデメリット

ストレスマネジメント講座⑩ アサーション

今日のストレスマネジメント講座のテーマは「アサーション」です。 「アサーション」とは、「自分も相手も大切にした自己表現方法」のことです。 こう書くと簡単なようで当たり前のようにも思えるかもしれませんが、 自分も相手も大切 … 続きを読むストレスマネジメント講座⑩ アサーション

ストレスマネジメント講座⑨ アクティブリスニング(積極的傾聴法)

自分がストレスをため込まずうまく処理するためのセルフケア技法を中心にお伝えしておりますが、 今回は講座④で紹介した「ストローク」のように他者への働きかける時の工夫の一つ、「アクティブリスニング(積極的傾聴法)」について紹 … 続きを読むストレスマネジメント講座⑨ アクティブリスニング(積極的傾聴法)

ストレスマネジメント講座⑧ 望ましくないコーピング

前回、様々なストレスへの意図的対処「コーピング」について説明しましたが、 実はコーピングの中には望ましくないものもあります。 大きくは二つあって、「①やりすぎるとよくないコーピング」と「②やってはいけないコーピング」です … 続きを読むストレスマネジメント講座⑧ 望ましくないコーピング

ストレスマネジメント講座⑦ コーピング

ストレスマネジメント講座に戻ります。今回のテーマは「コーピング」です。 「コーピング」とは「ストレスに対する意図的な対処」です。 まさにストレスマネジメントにおける具体策といった所ですが、ストレス対処と言えば単に「趣味に … 続きを読むストレスマネジメント講座⑦ コーピング

調べながらが許容される診療スタイル

じっくり考えるスタイルが得意な私にはオンライン診療が合っているかもしれないという話をしましたが、 問題が難しければ難しいほど、じっくり考える時間が合ってもその場で結論が出しきれない場合も正直あります。 その場合、対面の臨 … 続きを読む調べながらが許容される診療スタイル

じっくり考えるのが活きるオンライン診療

ストレスマネジメント講座はひと休みして、今日はオンライン診療についての気づきを書いてみます。 私はどちらかと言うとアドリブは苦手でじっくりと問題を考えて答えるのが得意な方です。 ところが医者という仕事をしていると、しばし … 続きを読むじっくり考えるのが活きるオンライン診療