減薬のためのオンライン診療サポート

以前の記事で、オンライン診療の「黒子」的使い方について紹介しましたが、 現代医療の中では、過剰投薬が非常に起こりやすい構造となってしまっていますので、 オンライン診療の「黒子」的使い方が一番お役に立てるのは、「減薬相談」 … 続きを読む減薬のためのオンライン診療サポート

開いててよかったオンライン診療クリニック

オンライン診療を開設したら、どのくらいの頻度でクリニックを開こうかというのを考え中です。 しばらくはオンライン診療ひとつでごはんを食べていけるはずもないと考えていますので、 おそらくバイトをしながらの経営ということになる … 続きを読む開いててよかったオンライン診療クリニック

様々なオンライン診療の使い方

はたしてオンライン診療クリニックではどのようなサービスを提供してくれるのかということについて、 患者の立場になって説明したいと思います。 一言で言えば、私の仕事は「医療の適正化のための手伝いをする」ということです。 患者 … 続きを読む様々なオンライン診療の使い方

在宅医療とオンライン診療における主体性の違い

前回、在宅医療とオンライン診療の「患者の希望になるべく応える」という共通点について触れましたが、 もう一つ、主体性という観点でこの両者の違いについて整理してみたいと思います。 患者さんの「こうしてほしい」という希望があっ … 続きを読む在宅医療とオンライン診療における主体性の違い

在宅医療とオンライン診療の共通点

私はもともと在宅医療に興味を持つ医師でした。 今から10年以上前の研修医時代に始めて在宅医療の現場を経験した際に、 病院の中での常識がことごとく覆されていく感覚をおぼえました。 余命3ヶ月だと宣告されていたのに、実際には … 続きを読む在宅医療とオンライン診療の共通点

オンライン空間でこじんまりと

私の自由診療で行うオンライン診療クリニックは、 保険診療の縛りをとることによって、全国の患者さんを相手にしようと思っています。 それだけ書くと手広く患者を集めようという商売気の強いクリニックと思われるかもしれませんが、 … 続きを読むオンライン空間でこじんまりと

オンライン診療を永続的なストックビジネスにしない

高血圧に特化したオンライン診療が自由診療で受けられるサービスが始まるとのニュースが流れてきました。 一般社団法人テレメディーズは,2019年5月15日より国内初の高血圧オンライン診療支援サービス「テレメディーズ® BP」 … 続きを読むオンライン診療を永続的なストックビジネスにしない

患者も素直になれる診療の場

昨日の「フクロウ型体質」については、実は福岡県の久留米大学医療センターの先進漢方治療センターというところで、 「フクロウ外来」と称して、「フクロウ型体質」の症状で悩む人達の治療専門外来が解説されています。 先日センター長 … 続きを読む患者も素直になれる診療の場

「フクロウ型体質」とオンライン診療

とある漢方の勉強会でオンライン診療向きかもしれない病気について学びました。 正確には「病気」というより「病気とまでは言えないけれど、治療すべき対象として扱うべき状態」なのですが、 それは「フクロウ型体質」と呼ばれる体質か … 続きを読む「フクロウ型体質」とオンライン診療

遠慮なく本音が言える診療の場

私が独立してオンライン診療を始めたら、 私が診る患者さんは基本的に私の診療を希望している方々だけなので、 周りの様々な環境に気を遣うことなく、その患者にとって本当に必要だと思う助言を正直に言うことができると思います。 今 … 続きを読む遠慮なく本音が言える診療の場