調べながらが許容される診療スタイル

じっくり考えるスタイルが得意な私にはオンライン診療が合っているかもしれないという話をしましたが、 問題が難しければ難しいほど、じっくり考える時間が合ってもその場で結論が出しきれない場合も正直あります。 その場合、対面の臨 … 続きを読む調べながらが許容される診療スタイル

主体的でない患者さんと出会ったとしても

もしもオンライン診療をしていて患者さんが救急受診せざるを得ない状況となった場合、 オンライン診療医はどこまでの責任を問われるものでしょうか。 仮に私が施した医療行為とは関係のないところでそのような事態に陥ったとしても、 … 続きを読む主体的でない患者さんと出会ったとしても

予約も治療の継続も、主導権は患者にあり

私が運営するオンライン診療クリニックは完全予約制です。 完全予約制のクリニックは他にも全国たくさんあると思うのですが、 診察が終わったら次の予約を取って帰るというパターンがほとんどではないかと思います。 しかし私のクリニ … 続きを読む予約も治療の継続も、主導権は患者にあり

アニメのキャラクターがオンライン診療

今回はちょっと突飛な発想ですが、アイデアは自由なので書き記してみます。 Vtuber(バーチャルYouTuber)と呼ばれるアニメーション画像に音声をつけて動画を作成しておられる方がおられますが、 もしもそのノウハウをオ … 続きを読むアニメのキャラクターがオンライン診療

誘導せず共に進み方を考えるスタンス

オンライン診療での診療ツール「対話」の技術を高めるのに哲学カフェは有用な場だという話をしました。 医師が患者を特定の方向へ強制するのではなく、患者が進みたい方向へつかず離れずで寄り添いながら危険な方向へ向かった時だけ手を … 続きを読む誘導せず共に進み方を考えるスタンス

ホームページに載せるべき情報

オンライン診療クリニックのホームページの骨子を考え始めています。 その中で予約カレンダーを表示できるようにして、どの枠がどのくらい埋まっているかを一目で確認できるページを作ろうかと思ったのですが、 技術的になかなか難しい … 続きを読むホームページに載せるべき情報

医療で稼ぐことのよくないイメージ

「医療で稼ぐのはどこか不謹慎」という空気が感じられることがあります。 それは取りも直さず国民皆保険制度の影響が大きいであろうと思います。 美容外科での整形手術などの命に関わらず、しかも個人の希望に委ねられる領域ならまだし … 続きを読む医療で稼ぐことのよくないイメージ

施設とオンライン診療との連携の可能性

「スマホに親しんでいない御高齢の患者さんにはオンライン診療は向いていない」 それすらも固定観念にとらわれた視野狭窄的な見方の一つなのかもしれません。 確かに普段スマホを使わない人にオンライン診療を勧めたところで響かないと … 続きを読む施設とオンライン診療との連携の可能性

動画で想いを伝える熱意と覚悟

オンライン診療クリニックの広告手段を自力で確保するために、 YouTubeでのセルフブランディングについて色々勉強しております。 実は医療広告ガイドラインというものがあって、医療広告は誘引性や誇大性など、かなりの部分が規 … 続きを読む動画で想いを伝える熱意と覚悟

ターゲットを絞って伝えていく

YouTubeの分析システム「アナリティクス」を見ていると、 私のチャンネルの視聴者は50〜60代の方々が中心だという事実が明らかになってきました。 男女比はだいたい半々で、その世代の方々に偏りなく関心を持ってもらえてい … 続きを読むターゲットを絞って伝えていく