オンライン診療医をどう自己紹介すべきか

今までは「内科のたがしゅうです」とか「神経内科医のたがしゅうです」などと自己紹介することが多かったですが、 これからは「オンライン診療医のたがしゅうです」とか「オンラインドクターのたがしゅうです」と自己紹介をする事になっ … 続きを読むオンライン診療医をどう自己紹介すべきか

オンライン診療ではできない治療

階段から足を滑らせて尻もちをついてお尻を強打したというとある患者さんがいました。 座ったり立ったり姿勢を変える度にお尻に激痛が走るというのでどうしたらいいか相談されましたが、 これは尾骨骨折が疑われるので整形外科で診ても … 続きを読むオンライン診療ではできない治療

代理受診では主体性は育めない

私のオンラインクリニックへの受診を紹介して頂けること自体は嬉しいのですが、 患者本人が何らかの理由で直接診療が受けられないので、患者家族がわかる範囲で本人の状態を伝えて医師からの指示を受けるという代理受診という形式がある … 続きを読む代理受診では主体性は育めない

一時的にプロに頼り主体性を育む

オンラインクリニックの開業は私にとって起業家としてのデビューでもあります。 起業する場合は、通常「事業計画書」というものを作成し、自分自身のビジネスプランを整理したり、銀行などから投資を受ける際に説得するための材料にした … 続きを読む一時的にプロに頼り主体性を育む

オンラインクリニックの時間を有効活用する

オンラインクリニックを開業したはよいけれど、最初は患者さんは全く来ないかもしれないことは想定の範囲内です。 私はクリニックでの収入がゼロ円であったとしても生活ができるように、アルバイトをしながらクリニックの運営をしたいと … 続きを読むオンラインクリニックの時間を有効活用する

歪みを正して最後まで健康に

「病気からの卒業」を理念に掲げる当オンラインクリニックですが、 その目標が達成できるとすれば、そのまま年を取り続けた場合にどうなるのでしょうか。 病気にならずに年を取り続けるのであれば、ずっとそのまま健康でい続けるのかと … 続きを読む歪みを正して最後まで健康に

先駆者の苦悩に立ち向かう

オンライン診療を中心に扱う自由診療のクリニックをおそらく日本で初めて開くということで、 道なき道を行く先駆者の立場に立ち、時折とてつもなく大きな不安に襲われることがあります。 他分野の先駆者の先生方もこんな気持ちだったの … 続きを読む先駆者の苦悩に立ち向かう

開業準備のための専用時間

オンライン診療の開業まで残された時間が少なくなってきています。 開業に向けて全力を注ぎたい所ですが、新生活に向けて他にも色々とやらなければならないことがある中でなかなかうまくいきません。 希望と不安が入り混じる中気づいた … 続きを読む開業準備のための専用時間

他人ができるのは与えるのみ

何かが自分の中の行動を変えられるのだとしたら、 それは常に自分の中からでしかないように私は思います。 誰かに変化させられたように思えたことであっても、 結局その行動をとることがよいと判断したのは自分自身だと思うのです。 … 続きを読む他人ができるのは与えるのみ

いつ誰に見られていたとしても

これは厳密にはメリットになるのか、デメリットになるのかよくわからないのですけれど、 オンライン診療では患者の隣にこっそり第三者がいても医者がその存在に気付かない状況を作ることが可能となります。 例えば、精神的な問題のある … 続きを読むいつ誰に見られていたとしても