対面診療よりコミュニケーションの質が高まるオンライン診療

先日のオンライン診療研究会での話題をもう一つ。 会の後半のシンポジウムで、患者の立場からオンライン診療を受けてみてどう思うかの感想を、実際オンライン診療を受け続けている患者さんの口から語られるという場面がありました。 そ … 続きを読む対面診療よりコミュニケーションの質が高まるオンライン診療

海外のオンライン診療から感じること

先日、オンライン診療研究会という会の講演を聴講して参りましたが、 その際海外でのオンライン診療の現状について学べる内容がありました。 海外ではオンライン診療という言葉ではなく、telemedicine(遠隔医療)として認 … 続きを読む海外のオンライン診療から感じること

他人ができるのは与えるのみ

何かが自分の中の行動を変えられるのだとしたら、 それは常に自分の中からでしかないように私は思います。 誰かに変化させられたように思えたことであっても、 結局その行動をとることがよいと判断したのは自分自身だと思うのです。 … 続きを読む他人ができるのは与えるのみ

ストレスマネジメント講座⑬ 認知行動療法

同じストレッサー(ストレスとなる要因)を受けても、誰もが同じストレス反応を起こすとは限りません。 例えば、プレゼンテーションを控えていて「必ず成功しなければならない」と考えている人は、 「時には失敗することもあるだろう」 … 続きを読むストレスマネジメント講座⑬ 認知行動療法

対面診療よりできることは少ないかもしれないけれど

先日、対面診察でやけどに対するなつい式湿潤療法を施した小さなお子さんの患者さんが、 私に対して笑顔で抱きついてくれるという、とんでもなく嬉しい出来事がありました。 なんだそれくらいのことでと思われるかもしれませんが、この … 続きを読む対面診療よりできることは少ないかもしれないけれど

ストレスマネジメント講座⑫ 腹式呼吸法

私が普段の診療で最も高頻度に指導しているストレスマネジメント法は深呼吸ですが、 その深呼吸を行う上で忘れてはならないコツが、御存知「腹式呼吸法」です。 しかし腹式呼吸という言葉は聞いたことがあれど、実際にはどうやって行え … 続きを読むストレスマネジメント講座⑫ 腹式呼吸法

ストレスマネジメント講座⑪ 自律訓練法

一般にストレスがかかると自律神経のうちの交感神経が活性化され、交感神経優位の状態となります。 自律神経というのはアクセルの交感神経とブレーキの副交感神経のバランスがとれていてはじめて正しく機能することができますので、 ス … 続きを読むストレスマネジメント講座⑪ 自律訓練法

いつ誰に見られていたとしても

これは厳密にはメリットになるのか、デメリットになるのかよくわからないのですけれど、 オンライン診療では患者の隣にこっそり第三者がいても医者がその存在に気付かない状況を作ることが可能となります。 例えば、精神的な問題のある … 続きを読むいつ誰に見られていたとしても

触れられないというデメリット

私はこれからオンライン診療専門のクリニックを立ち上げようという立場にいますので、 どうしてもオンライン診療のメリットばかりを考えがちになりますが、 オンライン診療のデメリットの把握に対して甘くなってしまう側面があるかもし … 続きを読む触れられないというデメリット

ストレスマネジメント講座⑩ アサーション

今日のストレスマネジメント講座のテーマは「アサーション」です。 「アサーション」とは、「自分も相手も大切にした自己表現方法」のことです。 こう書くと簡単なようで当たり前のようにも思えるかもしれませんが、 自分も相手も大切 … 続きを読むストレスマネジメント講座⑩ アサーション