自分の診療情報は知ってしかるべき

以前、当ブログでオンライン診療医が診療情報提供書を書くことの難しさについて書いたことがあります。

一方で、実際オンライン診療をやってみて、診療情報提供書を書くというニーズは割とあるように思います。

どの患者さんも自分の受けたい医療をそのまま正直に医者に伝えられれば、それが一番いいのですが、

どうしても従来の常識が邪魔をして、少しでも型破りな提案をすると、多くの医師はそれを医療知識のない素人が思いつきで提案しているような状況と捉えてしまい、

直ちにその患者さんの訴えを是正しようと試みて、結果的に患者さんの希望がうまく通らなくなっているように思います。

そのような「素人の思いつき」という誤解を解くために、また従来常識からそれほど外れないような意図を伝えて、相手側の医師に理解してもらいやすくなるように私は文章表現を考えて紹介状を書くようにしています。

そして私はできあがった文章を郵送する前に、患者さん自身にメールやチャットでその文章を見てもらうようにし、

どのような意図で相手の医師へ診療情報提供を行うかという趣旨を事前に共有し、納得してもらった上で書類を発行し郵送するようにしています。

その作業を繰り返していてふと私は気づきました。

「そういえば、今までの紹介状(診療情報提供書)で文章を患者さんに事前に見てもらうことなど一度もしたことがなかったな・・・」と。

考えてみればおかしな話です。書いた文章は患者さん自身の内容についてであり、患者さん自身も医師が自分をどのように評価し、相手側の医師にどのように伝えているのかという文章は知りたいと思っては不思議ではないはずです。

ところが実際は慣習というルールの名の下に、診療情報提供書の内容を患者さんが目にすることは一切なく、あくまで医療者同士の情報のやりとりということに終始している状況です。

一方の患者さん側からも、「その紹介状にはどのような文章が書かれているのか見せてもらえませんか?」と尋ねられたことは私の医師人生の中で一度もありません。

そこには「医師どうしの難しい情報のやりとりだから自分がみてもしようがない」とか「何がどうであっても先生にお任せするしかない。自分はまな板の上の鯉だ」という患者意識も根強くあるのではないかという気がいたします。

つくづく受動的医療の文化が染みついた状況であると感じます。

自分の診療情報を自分の手にして管理していくという当たり前の習慣を多くの患者さんへ伝えていく必要性を強く感じています。

たがしゅう

「自分の診療情報は知ってしかるべき」への8件のフィードバック

  1. たがしゅう先生、こんにちは。

    たがしゅう先生におススメの本があります。

    食のパラドックス
    スティーブンRガンドリー

    私は糖質制限プラスレクチンフリーで、体調はバッチリでしたが、
    糖質制限だけよりも、レクチンフリーを実施すると、より身体がスッキリします。

    とにかく、おススメです。

    メールをお読みいただきありがとうございます。

    返信
    • いわき市 さん

       情報を頂き有難うございます。

       レクチンフリー、実は私も興味あります。
       やってみようと試みたこともあるのですが、好きなものを食べないようにしなければならない点で私は困難さを感じました。とはいえ、知識不十分な中での実践なのでもう少し情報を整理してみようとは思います。情報参考にさせて頂きます。

      返信
      • たがしゅう先生、返信ありがとうございます。

        レクチンフリーを実施してみて、これは凄い!と実感している事は、アレルギー症状が気持ちいいくらい出ない事です。

        毎年今頃に杉花粉の不愉快な症状が出現するのですが、毎日快適に過ごせています。

        糖質制限でもここまでの効果は無かったので、この本に出会って実践してみて良かったなぁと思っています。

        確かに、さらに食事の制限が増えてしまいますが、この快適な生活が嬉しくて、続けてみます。

        たがしゅう先生もレクチンフリーに興味を持っていらっしゃって、嬉しいです。

        お読みいただきありがとうございました。

        返信
        • いわき市 さん

          コメント頂き有難うございます。

          アレルギー症状が出なくなるのは魅力的ですね。糖質制限で治しにくい症状のひとつなので、事実重視型思考からすれば熟考の価値ありと思います。是非とも学び再実践したいです。

          返信
          • わーい、たがしゅう先生返信ありがとうございまーす。

            たがしゅう先生がレクチンフリーを実施したら、難なくするする〜っと今よりスリムになれそうですね。

            今のままでもバッチリ素敵ですけどね。

            お読みいただきありがとうございました!

          • 度々失礼いたします。
            本日、東京でPCMセミナーに参加してまいりました。

            今日で2回目です。
            やっぱり参加して大満足でした。

            これも本当に全力でお勧めです。
            自分を理解する事で、コミュニケーション能力が、格段に上がります。

            たがしゅう先生は、ゴリゴリのパシスター、超論理的思考のシンカー、プロモータータイプだと思います。

            自分のパーソナリティを理解し、自分を満たしてあげる事で、世のため人のためになります。

            あー、説明が稚拙でもどかしいです。

            詳しくは、PCMセミナーで検索をお願いします。

            ちなみに増田トレーナーがお勧めです。

            私は、三月のベーシックセミナーの参加を決めました。高額ですが、価値はあります。

            今のたがしゅう先生がPCMを理解したら、冗談抜きで無敵になれます。

            お読みいただきありがとうございました。

          • いわき市 さん

             コメント頂き有難うございます。

             お勧め頂いたPCM、実は昨年Key to Meセミナーを受けさせて頂きました。
             増田トレーナーでした。確かに興味深い内容でした。

             参考までに私のパーソナリティコンドミニアムは以下の通りでした。
             6階 イマジナー40%
             5階 レベル 52%
             4階 プロモーター 55%
             3階 パシスター76%(フェーズ)
             2階 ハーモナイザー100%
             1階 シンカー100%(ベース)

             御予想、大分当たっていましたね。
             
             確かにコミュニケーション技法としてオンライン診療にも活用できそうな内容と感じましたが、
             瞬時に相手の特徴を予想するのがなかなか難しいのと、心理学ベースとのことですが、この法則が成立する根拠が私の中でKey to Meセミナー内では納得しきれない部分が残りました。言ってみればまだ現時点でよく当たる占いの域を出ていないということです。先のコースに進めば、その辺りもわかるのかもしれませんが、やはり高額で躊躇してしまいます。

             ただし、パシスターの強い人への対処とか、イマジナータイプの独特性を理解する必要性とか、瞬時判断できずとも一般的に役に立つ知識もたくさん教えてもらいましたので、オンライン診療の方にも是非とも活用させて頂きたいと思います。

             御紹介頂き誠に有難うございました。今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

  2. 田頭先生、KTMセミナーに参加してくださったのですね。感激で涙が出そうです。ありがとうございます。
    「よく当たる占いの域・・・」でズッコケそうになりましたが、う〜む、田頭先生は大満足ではなかったのですね?

    うすうす気づかれていると思いますが、私のパーソナリティコンドミニアムは

    六階 パシスター 58%
    五階 プロモーター 60%
    四階 シンカー 75%
    三階 イマジナー 83%
    二階 レベル 85%
    一階 ハーモナイザー(ベース、フェーズ)

    こんな感じです。
    今の私のフェーズは多分レベルなんじゃないかと考えています。

    田頭先生も増田トレーナーだったのですね?なんだか、嬉しいなぁ

    超論理的思考がベースで、ゴリゴリのパシスターがフェーズの田頭先生的には、大満足とはいかなかったようですが、きっとお役に立つ時が来ると私は信じています。

    最後に、あのちょっとした時間にお勧めしたのに、本当にセミナーに参加してくださってありがとうございます。

    私を信じてくださって、ありがとうございます。

    田頭秀悟先生の幸せを心の底から祈っております。

    四月の江部先生の講演会でお会いできるのを楽しみにしております。

    ありがとうございました。

    返信

コメントする