検査しないオンライン診療のメリット

YouTubeチャンネルの方で「医療崩壊をさせないために私達ができるたった1つのこと」という動画をアップしているのですが、

そこで私が述べたのは「医療崩壊を防ぐために検査を受けない」ということです。

それは正確に言えば、「自ら検査を受けるという行動を起こさない」ということになるのですが、現代医療の中でこの行動をとることは容易ではありません。

というのも受診すれば病状にもよりますが、ほとんどの場合病名をはっきりさせるために何らかの検査が行われることが当たり前の世の中となっているからです。

ということは今の世の中で「検査を受けない」という目的を叶えるためには、「病院に受診しない」という行動をとるしかないということになると思います。

しかしながらそれだと何かあった場合に病院に受診せずに自分で何とかし続けなければならないということになってします。

それならばということで病院には受診するけれど「検査はしなくていいです」と医者へ伝えるというのは、患者さん側からするとかなりハードルの高い行為ですし、

仮にその意向を伝えたとしても、それを受け入れてくれる医師は今の世の中ではほぼ皆無といってよいのではないかと思います。そこには検査して病名が確定しないと保険医療の制度上、薬が処方できないという事情も絡んでいます。

そこで「検査を受けない、しかし薬は出してもらいたい」という希望を叶えるために一つの大きな選択肢となるのがオンライン診療です。

なぜならばオンライン診療ではそもそも検査をすることができないので、検査をしないことが当たり前の文化であるからです。

私であれば検査を行わずとも、うかがった症状に応じて適した漢方薬を郵送するというテクニックを講じることができるので、

検査を受けないけれど、医療のサポートを受けたいという方は是非御相談頂ければと思います。

 

たがしゅう

コメントする