対面診療できない家族へのオンライン診療

とある方から「高齢で足腰が悪く直接対面受診できない家族にオンライン診療を受けさせることはできるか」という御質問を頂きました。ご質問頂き有難うございます。

現時点で厚生労働省が定めたオンライン診療に関するガイドラインの規則により、

オンライン診療を行う際には原則初診を対面診療で行わなければならないということになっています。

従って対面診療を受けられない患者さんは原則オンライン診療を受けられないということになってしまいます。

しかしあくまでも原則であり、そのルールを杓子定規に守っていては患者の正当な受診機会を失うことになってしまいますので、当院では次のように対応することにしています。

まず対面受診できない方の御家族で誰か動ける方が代理で私のもとへ来て頂いて、初診対面診療を実施します。

その代理の方が代わりに当院のオンライン診療の同意書にサインをしたり、診療計画を立てたりするようにします。

そして代理家族のオンライン診療の中で可能な限り、本来オンライン診療を受けてもらいたかった高齢患者さんの相談に可能な限り乗るというスタイルとなります。

具体的に何にどこまで介入できるかは個別のご相談ということになるかと思いますので、

ご興味がおありで詳しい話を聞かれたい方は当ブログをはじめ、どこからでも構いませんので私の方までお問い合わせを頂ければ幸いです。

引き続き、こういう御質問には積極的にお答えしたいと考えていますので、

是非お気兼ねなくお問い合わせ頂ければと思います。

たがしゅう

コメントする