積極的に仕事を減らす技術

オンライン診療の運営は決して順風満帆ではありません。

オンライン診療だけであると、スケジュールがガラガラになってしまうので、

空いている時間にどうしてもアルバイトを入れたりして過ごすことが多くなってしまっている実情があります。

そのような中でそうした変則的なスケジュールを入れすぎると予定の管理が難しくなってくる側面があります。

そのためか予定の管理がうまく行かずにダブルブッキングをしてしまったり、手帳に書き忘れて予定をスルーしてしまったりという出来事が実は最近立て続けに起こりました。

予定が埋まっていることは必ずしも充実ではなく、うまくやらないとパフォーマンスの低下につながることになってしまいます。

あるいは信頼の低下にもつながる由々しき事態です。こうなるくらいであれば、スケジュールにはゆとりがある方がよいのだと思います。

これも病院勤務の働き方では生まれない発想だと思います。なぜならスケジュールは勤務する病院内で決まっているし、

病院にいれば患者さんの方からやってくるため予定をダブルブッキングしたり、スルーしたりしまうようなことはありえないからです。

しかし状況に応じてスケジュールを、ひいては自分の余裕をハンドリングするということは、

実は仕事において非常に重要なことではないかと感じているところです。

積極的に仕事を入れるだけではなく、積極的に仕事を減らす技術も整えていきたいと思います。

たがしゅう

コメントする