患者と共に切り拓くオンライン診療の世界

私がオンライン診療医として道を歩き始めることが出来たのは、

私が考え続けてきたことが全ての病気へとつながる共通因子を浮かび上がらせたからこそです。

もしも私の治療方針が全ての病気に対応できると思わなければ、おそらく私はオンライン診療の世界には繰り出さなかったと思います。

全ての病気に対応できる方法論であるからこそ、私はこの治療選択肢を世の中に作ろうと思ったのです。

私はもともと脳神経内科医ですが、脳の病気だけいくら詳しくなったところで病気治せないのです。

しかし私がいくらそう思っていても、当の患者さんに「あの先生は脳が専門だから、脳以外のことを相談するのは困るだろう」と思われてしまえば、

せっかくオンライン上に選択肢を提示しても、やはりその選択肢を選ぶ話へはつながらないのです。

私はオンライン診療医の限界を決めずにあらゆる病気と向き合っていく覚悟です。

オンライン診療はどこまでのことができるのか、ということを明らかにしていくためにも、

私とつながる患者さん達と一緒にこのオンライン診療の世界の概要を明らかにしていければと思っています。

たがしゅう

コメントする