専門家に任せるか、任せないか

皆さんがもし病気だと診断されたらどう行動しますでしょうか。

おそらく皆さんの中にある選択肢は「専門家に任せる」「専門家に任せない(自分で何とかする)」があると思います。

軽い病気であれば、後者の選択をされる方がきっと多いのではないかと思います。

しかし病気が重いとなってくれば話は別、自分ではどうしようもなくて「素人だからわからない」し「お医者様にお任せ」するしかない。

しかしながら私が行っているオンライン診療はそこにもう一つの選択肢を提供することができます。

それは「専門家に相談しながら、専門家に任せない(自分で何とかする)」という選択肢です。

紛らわしいことに一般の病院でやっていることは「専門家に相談しながら、専門家に任せる」です。ここは決定的な違いがあります。

なぜならば、一般の病院では主導権が患者ではなく医者の方に置かれているからです。専門家に任せるか任せないかは、要は主導権がどちらにあるかと言い換えることもできます。

しかし主導権が自分のもとにあるのはいいけれど、どちらにどう進んで言ったらいいのか皆目見当がつかない。

そんな道に迷ったときのために専門家(オンライン診療医)はいるのです。

しかもオンライン診療医はいつでもつながりたい時にあなたとつながることができます。

必要な時だけでいいのです。あなたが必要とする時だけ私はいつでもそこにいます。

そして必要な情報を持ってあなたは迷いの森から抜け出して、

自分だけの人生を歩んでいくことができるのです。

私はそんな患者さんの人生応援サポーターであり続けたいと願っています。

たがしゅう

コメントする