短時間希望型と長時間希望型

オンライン診療を利用される患者さんのニーズには、

私が想定するに大きく二つの流れがあるように思います。

一つは忙しくて病院に行く時間がないから、当座パパッと症状を聞いてもらって適切な薬を処方してほしいというタイプの人と、

もう一つはどこの病院でも治らないなどと言われ途方に暮れている慢性疾患を抱えておられる方で、じっくりと時間をかけて相談に乗ってもらいたいというタイプの人、

もっと端的に言えば、短時間希望型の人と長時間希望型の人とがあるのではないかと思っています。

よって、私が考えるオンライン診療クリニックではオンライン上で記入できる問診票を、

短時間希望用と長時間希望用の二種類を準備して、どちらか望むものを選んで記載してもらう方針としたいと考えています。

そうすることで多様なニーズに応えることができるのではないかと考える次第です。

ただその問診票もあまりにも書くところがたくさんあると患者さんはしんどくなってしまうかもしれません。

はたまた逆にここまで丁寧に自分のことを確認してもらったのははじめてと御満足頂けるかもしれません。

ともあれやってみないとわからないというのがオンライン診療の世界です。

実際に利用される患者さんの声を丁寧に聞き、フィードバックしながら、

よりよいオンライン診療スタイルを作っていきたいと思います。

たがしゅう

コメントする