理念を踏まえ勧めてもらう喜び

私が挑戦しようとしているオンライン診療は一般的に考えられているオンライン診療と少し違います。

「通常の対面診療と同じような診療をオンラインでも受けることができる」というのではなく、

病気を克服するためにどうすればよいかという主体的な行動をサポートするためのオンライン診療を行うのが私のクリニックです。

時々私のオンラインクリニックを知人に勧めたいと言って下さる方がいます。それを私はありがたく思う反面、

正しく私のオンライン診療の意図が伝わった上で勧めてもらっているのかどうか心配になる気持ちもあります。

しかし逆にそのことが分かった上で私を勧めて下さっている方がいるのだとすれば、

私はそのことをすごく嬉しく思います。少なくとも従来医療では感じられない価値を私のオンライン診療に感じてもらうことができているからです。

後はその期待を裏切らなくて済むように私は全力でぶつかり続けるのみです。

そこで何らかの成果を出し続けることができれば、また再び私のオンライン診療の価値を誰かに伝えてもらえるかもしれません。

私のオンライン診療は宣伝費をかけて多くの方へ集まってもらうというやり方よりも、

そうした実際の診療を通じて口コミで伝わっていく広がり方が私にとって最も望ましい広がり方であるように思えます。

たがしゅう

コメントする