最先端のやり方と思われないように

初めて会う人にオンライン診療の話をすると返される反応の中で多いものにら

「最先端のやり方ですね」とか、「今求められているやり方ですね」などという肯定的なものがあります。

ただそういうリアクションをされる方がオンライン診療を利用するかと言われたら、ほとんどの場合は利用されることはありません。

良いとは思うけれど自分には無縁だと考える人がほとんどだと思うのです。

その理由の一つがオンライン診療を利用している自分の姿がイメージできないことがあるのではないかと思います。

オンライン診療は主体的に健康を自己管理しようという意志のある人に役に立つシステムなので、そこまでの意志を持つ人がそう多くはないということも言えるかもしれません。

まだオンライン診療の具体的な使われ方が周りでもそう多く見受けられない状況なので無理もない話ではあると思います。

なのでオンライン診療の実際をとにかく数多く示していくことが、さらなるオンライン診療の普及・発展につながるのではないかと思っています。

そのようにオンライン診療が一つの選択肢として地位を確立した際には、

もはや「最先端のやり方ですね」などとは言われなくなっているのではないかと私は想像する次第です。

当たり前の選択肢となるその日まで、私は努力を続けたいと思います。

たがしゅう

コメントする