ゆずれないビジネススタイル

フロービジネスとストックビジネスという考え方があります。

フロービジネスというのは、顧客と持続的な関係とならず一回一回単発のやり取りの繰り返しというやり方のことで、

ストックビジネスとは、顧客と継続して契約のやり取りを行うタイプのやり方です。

前者はコンビニと利用客の関係、後者は会員制クラブと会員の関係という感じでしょうか。

医療はどちらなのかと言いますと、どちらかと言えばストックビジネス的なやり方が普通だろうと思います。

なぜなら「かかりつけ医」という考え方がまさにストックビジネス的であり、

実際病院に通いはじめたらその医院にずっとかかり続けているという患者さんがほとんどだと思います。

しかし私のオンラインクリニックのやり方は「病気からの卒業」を目指していますし、

患者の主体性を重視しており、利用したい時には利用し、利用したくない時はいつでも離れてよいというやり方を採用しています。

なのでストックビジネス的になりがちな医療の世界においてフロービジネス的に挑んでいる開業スタイルだと言えるかもしれません。

もちろん継続的に関わりたい人を私は拒みませんが、それにしても通常のクリニックほど多くの患者を抱えることはないでしょう。

ビジネスのやり方としては決して上手とは言えないのかもしれません。

しかし私は患者に医療の主導権を渡す主体的医療の推進というビジョンのために、ここは譲れないところです。

たがしゅうオンラインクリニックは、そんな偏屈だけど信念のある医者が運営しています。

たがしゅう

コメントする