動画を活かす医者になるべし

オンラインドクターとしてYouTube動画をどんどん作っていきたいのに、

頭の中での構想をなかなか現実の動画に落とし込むことができずにいます。忙しいというのは言い訳です。

しかし考えれば考えるほどこれからは動画をどう活かすかが重要な時代となってきていると思います。

言葉で説明してもわかりにくいことであっても、動画で説明するととてもわかりやすいということは多々あります。

そんな素晴らしい動画ツールなのに、医療の世界を眺めてみてもあまりよく活用されていないように思えます。

「製薬会社から患者へ向けての動画」とか
「製薬会社から医師へ向けての動画」とか
「学会から医師へ向けての動画」とか

そういう動画は数あれど、肝心の「医師から患者へ向けての動画」はまだそんなにありません。

YouTubeの世界ではポツポツと動画で患者さんを含めた一般人に向けて情報発信をしている医師はおりますが、

そうした情報発信には個性が出る側面もあります。

リアルでの医師から患者への説明以上に動画の世界ではわかりやすい説明が可能となるので、

医師はもっと自らの情報伝達を効率化するために動画作成技術を学ぶと、

より良い医者患者関係を構築することができるようになるのではないかと私は考える次第です。

特に私の場合はオンラインドクターとしてはこの技術を高めていく必要性を強く感じています。

たがしゅう

コメントする