セミナー以外の初診対面診療の場づくり

オンライン初診の対面診療のために全国各地でセミナーを開いて、

患者さんがわざわざ当院まで来る負担を軽減しつつ、かつ私の医療理念を伝えた上で共鳴した人に受診してもらえるようにして参りましたが、

それでは私のやり方に共鳴するけれど、何らかのスケジュール的な事情でセミナーに参加できない人をカバーしきれていないことに今更ながらに気付きました。

とりあえず勢いあまって全国各地のセミナーをセッティングし続けてきましたが、

このようなやり方をいつまでも続けられる見通しも厳しいように思えてきました。

そこで、方針を見直して、初診対面診療のための個別相談の枠組みを作っていきたいと思います。

今考えているのは、受診希望者から個別にホームページからお問い合わせメールを頂いて、

その方の住所やスケジュール等を確認し、私の都合のよい日時に妥当な場所で待ち合わせし、書類記載など形式的に対面診療を行うというものです。

その際こみいった話はその場では行わないようにします。そうすれば待ち合わせ場所の可能性は拡がります。

その場は義務的な作業のみを行い、本格的な診療相談はあくまでもオンライン診療の中で行うという形にすれば情報の秘匿性も保たれるように思います。

そのようなやり方でうまくいくかまだわかりませんし、適宜改善もしていく必要があると思いますが、

できるだけ多くのオンライン診療を希望する人のニーズに応えられるよう進化していきたいと考えています。

たがしゅう

コメントする