医者と事務の二足のわらじ

医者と事務の二足のわらじ

私が挑戦しようとしているオンライン診療は、

やってみなければ、はたしてどれくらいの人が利用されるのか予想困難な所があります。

私の理念に共鳴して下さる方は数いれど、

そうした形が必ずしもオンライン診療を使いたいと思われるとは限りませんので、

開業しフタを開けたら利用者ゼロという可能性も高いと考えています。

それでも私はめげずに自分の理念を示し続けたいという確固たる意志を持っているつもりですが、

もしも利用者ゼロで収入のない状態が続くのであれば、

細かい話ですが、私が職員を雇う余裕はありません。

オンライン診療というスタイルなので基本的には医師だけで実行可能な仕組みではありますが、

それでも事務員さんがいた方が効率がよいということはあると思います。

だから本音を言えば、事務員さんを雇えるくらい収入が確保できればよいと思っていますが、

事業が軌道に乗るまでの間は、私が医師兼事務員として業務しなければならないと思っています。

そうすることで私は今まで考えなくてもよかった事務の仕事を把握しなければならない必要に今迫られています。

その事自体は事業全体の流れを把握するためにも、人がいようがいまいが、事業の管理者として行っていて損はない経験だとは思うので頑張りたいのですが、

あまりにも畑違いなことを勉強することに対して戸惑いを隠せない日々です。

ですが根底には患者さんの役に立ちたいという想いを胸に、

この二足のわらじをしっかりと履いて、苦難を乗り越えていきたいと思います。

たがしゅう

コメントする