患者はオンライン診療に便利を求めるか

「実はオンライン診療のクリニックを開業しようとしているんです」と、

様々な方に話していて時々頂く質問に「それは24時間されているんですか?」というものがあります。

このオンライン診療は私一人で行う開業なので、

その質問に対してはNoと返事をせざるをえないわけですが、

この質問は世間の人がオンライン診療のイメージを「便利」という側面でとらえている要素が大きいというヒントを与えてくれているような気がします。

現時点では患者さんのニーズに応えるというよりも私の都合を優先する形で、

特定の曜日だけオープンし、なおかつ完全予約制で執り行う予定で考えているのですが、

この方式だと患者さんが「便利」にオンライン診療を利用することはできないという弱点に気付かされます。

勿論私の身体は一つなので24時間病院を稼働させることはできませんし、

当面は新事業故にあまり誰かを雇ってクリニックを24時間稼働させるという事も現実的に難しいです。

それでも例えば非稼働時間は、YouTube動画へ誘導するようホームページサイトを工夫するとか、

質問等はメールで24時間随時受付可能なシステムにするとか、

患者さんの「便利であってほしい」という潜在ニーズに応えられる形に近づくよう模索していく必要性も感じさせられます。

自分がやりたいだけの医療で自己満足に陥ることのないように、

患者さんのニーズと私のニーズを一致させる最善の方法を引き続き考え続けたいと思います。

たがしゅう

コメントする