オンライン診療では自覚症状で調整できる薬を扱うべし

患者主導型でオンライン診療を展開するには、 基本的に自覚症状の変化で用量を調節することができる薬剤を用いることが大前提だと考えています。 例えば脳梗塞予防のために用いられている抗血小板薬という薬は、 俗に言う血液をサラサ … 続きを読むオンライン診療では自覚症状で調整できる薬を扱うべし